神待ちをしている女性について

神待ちをしている女性というのは実は二つのタイプがあります。

ここではその女性のタイプを見ていきましょう。

二つのタイプとは?

神待ちをしている女性のタイプは二つのタイプがあるのですが、どのようなタイプでしょうか。一つは援助交際を目的にしている女性、そしてもう一つは精神的なケアを含めた援助もしてもらいたいと思っている女性です。それぞれの女性が求めていることは全く違っているので、それぞれにアプローチするという方法を考える必要があるでしょう。

タイプ1の場合は?

前者の援助交際を目的としている場合には援助交際の所謂延長線にいることになります。本当に行く場所がなくて困っているということはないのです。緊急性的に考えるとそれほど危険ではないのです。しかし援助交際をする口実ということで神待ちをしているというわけです。掲示板はこういったタイプの女性が圧倒的に多いので、援助交際をしたくはないと思っている人は気をつけたほうがいいのかもしれません。男性と性的な関係をすることだけを考えてお金を貰いたいと思っていることを目的にしています。泊まる場所も食べるものも大半の人は望んでいないのです。精神的なケアなども必要がないので、ただの口実やきかっけとして求めているだけの女性に過ぎないのです。

正真正銘の家出女性

タイプ2の場合は正真正銘の家出女性といってもいいでしょう。行く場所もなくて寝る場所もない、お金もないし食べるものもないといった人が多いのです。本当に困っているので神様を待っているというケースと考えていいでしょう。神様を待っている女性を探しているという男性は、どちらかといえばこのタイプの女性との出会いを求めたほうが正解でしょう。色々と救いの手を出さなければいけませんので、手間もかかりますし時間とお金もかかるかもしれませんが、成功したときは、お金だけを目的としている女性とは比べ物にならないほど嬉しいでしょう。しかも精神的にも様々な面でも頼ってもらっているということを実感することができるので普段人から頼ってもらえない人にとっても嬉しい経験をすることができます。しかし情が入ってしまうこともあるので、割り切った関係を求めている人には向かないかもしれません。

神待ちをしている女性にはこのように2つのタイプの女性がいるのだということをよく理解した上で、自分がどのタイプの女性と出会いたいと思っているのかということを検討するといいかもしれませんね。